2020年01月31日

社会のテスト勉強法

<1日目から3日目>
まずは
試験範囲の教科書を
1回
声を出して読む。

読み終えたら
もう一度
声を出して読みながら
重要と思う語句(太字)を
いらない紙に書き出す。

このとき
きれいに書く必要はない。
ボールペンで
重要語句だけを
5回ぐらい
声に出しながら書く。

これを3日間
連続しておこなう。

<4日目から5日目>
<歴史>
年表や
教科書のさし絵・グラフなどの資料を
見ながら
教科書をゆっくり、じっくりと読む。
<地理>
教科書の地図で位置を確認しながら
また
グラフなどの資料を見ながら
教科書をゆっくり、じっくりと読む。

<7日目から9日目>
学校の問題集をノートに解く。
答えを横に置き、
分からないときはすぐ答えを見る。
「分からない」「思い出せない」と
いつまでも考えていない。
時間の無駄である。
さっさと、
答えを見て
分からない語句は
いらない紙に何回も書いて覚える。
覚えることに時間を割く。

ノートに2回解いたら
仕上げに
問題集に直接書き込んで解く。

posted by ジュク長 at 00:00| Comment(0) | 学習 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください