2020年02月08日

うっかりミスをなくすには?

よく
計算ミスのような
「うっかりミス」をする生徒がいる。

すべてとは言わないが
「うっかりミス」をする生徒の特徴をあげてみる。

1.字が乱雑である。
 (下手なのでない。丁寧に書いていないのである)

2. 字を詰めて書いている。
  (適度の空間がないのである)

3.鉛筆に力を入れずに薄く書く。

あせらず、落ち着いて、丁寧に書くこと。
字と字の間はある程度、空ける。
鉛筆に力を入れ、字を濃く書く。

これを守れば
「うっかりミス」をある程度なくすことができる。

1教科「うっかりミス」で5点損をしたとする。
5教科では5点×5教科で25点損をしたことになる。

「うっかりミスをしていまった」と笑えない点数である。

是非、試験でうっかりミスをしないようにしてもらいたい。


posted by ジュク長 at 16:06| Comment(0) | 学習 | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

試験1週間前の勉強法2<教科書が重要>

学校の授業は
教科書に沿って行われる。
当たり前であるが
試験は、
教科書を超えた内容は出題しない。
(先生によっては出す場合もあるが…(^^;))

よって、
教科書を学習の中心において
試験勉強することが重要である。

ところで
ただ見ているだけで、
覚えられるだろうか?
眠くなってしまう。
そこで、
体を使って覚えることが大切になってくる。

体を使って覚える?????

声を出すという口の運動、
書くという手の運動。
これが体を使うということだ。

体を使って、
脳に刺激を与えながら覚えると
覚えやすい。

「書いて書いて書きまくれ!
紙が真っ黒になるまで書け。」
新品のボールペンが一回の定期試験で
空っぽになるくらいが目安である。
試験後のカラのボールペンは
あなたにとっての努力の証となる。
posted by ジュク長 at 00:08| Comment(0) | 学習 | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

試験1週間前の勉強法1<先生からもらったプリントをチェック>

テスト前のみの勉強で
いい点を取ろうとするのは、
虫が良すぎ。
普段の勉強こそ大切。
しかし,
そうはいっても、
すぐそこに試験が迫って。
(どうしよう…)

試験が終わったら、
反省して
普段から勉強するという決意をもって
次を読んで!

今日から心を入れ替えるつもりで。
くどいようですが、
普段の勉強が重要。
(わかっていて、できないだけかな…)

👀 学校の授業や宿題で配られたプリントは、最優先で勉強

<プリントについて>
学校で配られたプリントは
先生が作ったもの。
先生が大切と思っているものが
たくさん載っている。

試験は先生がつくる。
先生は重要と思っていることを
試験に出す。

つまり、
プリントには
試験に出でる内容がたくさん載っている。
試験前には
必死になって
プリントの隅から隅まで暗記。
posted by ジュク長 at 20:29| Comment(0) | 学習 | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

試験前の宿題2<学校の問題集が重要>

前回
試験前に
学校から問題集の宿題がでる話をした。
この話の続きをする。

「点数がとれる生徒」と
「点数がとれない生徒」の違いは何か?

頭がいいから?
頭が悪いから?

とんでもない。
「点数がとれる生徒」と「とれない生徒」は
勉強の仕方が違う。

勉強の仕方の違いは
いろいろあるが
今回は、
試験前に学校から出される宿題のことについて
話をする。

点数がとれる生徒は
同じ問題を3回以上解いている。
1回目、2回目はノートに。
試験直前に3回目を行う。
3回目は
学校に提出するため
問題集に直接書き込む。

点数がとれない生徒は
直接、問題集に書き込んでお終い!

点数がとれない生徒は
宿題を提出するためにおこなう。

問題は
「学校に提出するために宿題をする」
ところにある。
この考え方を直さない限り
点はとれない。

「3回も解くのは、面倒くさい」と
心の叫びが聞こえてくる。

しかし、
点数がとれる生徒は
3回以上解いている。
頑張るしかないのだが…

一つだけ言いたいことが!
できないことを
「自分の頭のせいにするな!頭は皆同じ。」
違うのは、
努力・忍耐力!






posted by ジュク長 at 00:00| Comment(0) | 学習 | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

試験前の宿題1<学校の問題集が重要>

定期試験では
よく、
学校で使っている問題集から
出題される。
(特に、国語のテスト)

学校の先生も
意地悪でないから
頑張った生徒には点を取らせたい。
(中には、わざと、難しい問題を出す意地悪な先生もいるかも…)

そこで
先生は点が取れるように
問題集の問題を試験に出す。
(もちろんすべてではないが…)

そして
生徒が勉強し
点数がとれるように
問題集の試験範囲を宿題に出す。
(宿題の提出日は、試験の終わった日)

問題集の宿題を
頑張ってしっかりやった生徒は
点がとれる。

だから、
学校の問題集は
何回も解いて
できるようにすることが
試験で点をとるポイント!


posted by ジュク長 at 00:00| Comment(0) | 学習 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。